2008年02月19日

オフィスに潜む罠

昨日の記事で到着が3/6と書きましたが、つい昨日出荷されたそうで、到着は2/21の木曜日になるそうです。
のほほんと構えてたところいきなり来たのでちょっと焦ってます(笑)


引き続き、仕事をする上でのソフトウェアの話ですが、今度は一般的なブラウザやOffice系のソフトに目を向けてみようと思います。

まずWebブラウザですが、標準のSafariに加えてFireFoxもありますし、特にIEコンポーネントにシェルをかぶせたブラウザを使用している人以外ではほとんど問題ないと思います。
仕事上IEでの確認が最も重要となりますが、これは仕方のない部分ですね。

メールに関しては、今現在はOutlook2003を使用しています。スケジュール管理やメモ機能も充実していてなかなか優秀なソフトですが、そっくりMailとiCalに移行できるのではないかと考えています。
IMAP4の対応に少し不安が見られる部分もありますが、なんとかなるかな。

Word、Excelに関してはどうしようもないと思っています、WindowsでもStarOffice等使ってみましたが、簡単な使用では問題ないものの仕様書などの複雑なフォーマットとなると不安が残ります。印刷した場合も含めて考えないといけないので、単純にそれっぽく動けばいいと言う物ではありません。
世の中にはこれ本当にExcelですか?複雑なExcelも存在するので、この辺がMac導入の一番難しいところなんでしょうね。
もちろんMacOSX版のMicrosoftOfficeも存在はしますが、どうも仕様が違うなぁというのが現状です。Office 2008の評判もどうも良くないですね、もっともExchangeは使っていませんが。
とはいうものの、まったく動かないというのも困るのでOffice 2008も買うことになるのかなと考えています。

Microsoft Office 2008を購入


現状自分はもう1台のデスクトップPCのWindowsVistaにリモートデスクトップで接続して作業をすることも多いのですが、これはそのままMac版のリモートデスクトップが存在します。
結果的にWindowsの環境は必要となりますが、このリモートデスクトップがしっかり使えれば、ある程度は解決できると考えています。


やはりこのあたりの仕事用のソフトウェア的な互換性ってのが問題になってきますね。特に企業でMicrosoftのサーバやドメインを使っているところは導入しづらいでしょう。


次回はMacOSXの真骨頂?サーバ系のソフトについてです。
ラベル:MacOSX MacBookAir office
posted by れい at 13:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 導入 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。